杉並区南阿佐ヶ谷駅徒歩1分の鍼灸院。開業40年以上の当院では「痛くなく、気持ちよい、元気がでる」はり治療を行っています。

南阿佐ヶ谷駅前のユタカはり院

気の調整ユタカはり院

こんにちは! 杉並区南阿佐ヶ谷駅すぐの
「気の調整」ユタカはり院 のHPへおいで下さりありがとうございます!!

肩こり、腰痛はもちろんのこと、精神疲労、食欲不振、過食、ストレスによるイライラ、不眠、アレルギーによる湿疹・痒み、呼吸器系・消化器系疾患などにお困りの皆様、「気の調整ユタカはり院」にお任せ下さい。当院の治療は、「痛くなく、気持ちよい、元気が出る」“はり治療”です。

ここで、「気の調整」(「経絡治療」とか、「脈診流の針」と言い換えている先生もおりますが…)について簡単に解説します。

r1_2気の調整の「気」とは、人間が生きて活動して行く上での根本部分にある物です。そうすると誰もが「目で見てみたいとか、触感で感じてみたい」と思われますが残念ながらそれはできません。「気」は形が無く働きだけのものだからです。しかし、「気」の特性として、多くの「気」が集まり凝縮すると、ある物の形に変化して目に見える様になるというものがあります。
これを、「血」と書いて「けつ」と言っています。人間に例えるとまさに人間の体そのものなのです。外見から見える、顔、その中の眼・鼻・口・耳、皮膚、頭、その内の髪の毛、手足、それに伴う爪、内臓の肺臓、肝臓、腎臓、脾臓、胃、大腸、小腸、膀胱など、全て気の集合によって形造られたものなのです。随って「気」と「血」は一体であり、この調和によって健康が保たれるのです。

ところが、
何かの原因で「気」に乱れが発生すると、「血」である部分に病変が現れます。これを快復させる為に根本の「気」の乱れを調整するのが、当院の「気の調整」なのです。

詳しくは「気の調整」、「診療日記」、「四季と健康」のページをご覧下さると、一層ご理解いただけます。
gallery_sb


診療日記

また、季節外れの温かさが巡って来る様ですね

2017年02月15日

三寒四温と言われる時期に入っていますが、今年は変動が大きく、その時期を捉えるのが難しい様ですね。毎日昼食後になると治療室が暑いくらいに成り、そろそろ春らしい気温に落ち着いて欲しいなと願うしだいです。まだ、二月の半ばですね […]

寒暖の差が大きい今年の冬になっていますね

2017年01月31日

早春の特徴である三寒四温が早くも訪れている様な感じですね。天気予報氏がラジオで言っておりましたが、私もそんな気がします。あまりにも極端に変化する気温の変化です。昨日は二十度近くにまで気温が上がったとの事。しかし昼間はそう […]

まだ寒い日が続きますね

2017年01月24日

今年の冬はここ数年に比べ冬らしい冬になりましたね。温かい冬に慣れてしまった私たちの体は今年の冬はことさら寒く感じますが、これがほんとの「冬なんだ」と思えば奇妙に納得させられる様です。インフルエンザが大流行しているようです […]

本日から寒の入りですね

2017年01月18日

今日から寒の入り、大寒も冬らしい大寒になりそうですね。東京でも氷が張ったと言うニュースが聴かれます。久しぶりの事ですね。最近は水道管の破裂したという話もあまり聞かれなくなりました。それだけ寒さが軽くなっているのでしょうね […]

寒い、寒い冬ですね

2017年01月14日

今年の冬は数年ぶりに冬らしい冬になった様ですね。(まあ、これは東京周辺に住んでいる者が言っている事かも知れませんね)北国や日本海側にお住いの皆様には「毎年こんな寒さだよ」と言われそうですね。時々思うのですが、北国や日本海 […]

先生インタビューはこちら
院名
ユタカはり院
院長名
 篠田 豊(シノダ ユタカ)
院長プロフィール(経歴)

東京都立八王子盲学校高等部専攻科理療科を卒業後、1969年4月にユタカはり院を開院。 1971年に東洋はり医学会に入会し、現在、理事を務める。 スイス、ドイツ、オーストラリアなどで開催された「海外特別講習会」には講師として出向。

所属団体

東洋はり医学会

東洋はり医学会理事

院連絡先(予約用)

03-3393-1360


携帯サイトもアドレスは同じ!!
今すぐアクセス!