^811435377978AAB6CFDB136E2D5CEE5EFB1DCCF42DEFF23AFD^pimgpsh_fullsize_distr

nakayama
院名:じゅん菜治療院
院長名:中山 貴史
中山先生のインタビュー記事はこちら»
pro_j
2015年08月06日公開

この度は、はりQへお問合せのあった質問に対して、いくつか私の方でお答えをして、皆様が安心をして鍼灸治療を受けられるようになっていただければと思い、筆をとらせていただきました。

通院中で、お医者さんに処方してもらっているお薬を服薬中ですが、鍼灸治療を受けても大丈夫ですか?

gimonよくある質問のようですね。お薬を処方してもらっている方も、もちろん大丈夫ですよ。

ただ、治療を始める前に、どんなお薬を服用しているのか治療家さんにお伝えした方がいいと思います。

私ももともと看護師の経験がありますし、鍼灸の治療家の中には西洋医学の薬の知識を持っている方もいらっしゃると思います。

どのような症状でどのような薬を服薬中なのか、患者さんの体調を知る手立てになるので、問診の時等に伝えておきましょう。

お薬の服用をやめるときはお医者さんと相談を!

kusuri_nomuまた、お医者さんに行ったけれど、特に治療はしてもらえず、症状を緩和させるためのお薬を処方してもらっただけ・・・。なんてこともあるのではないでしょうか。

東洋医学は、脉診・腹診・切経診などの診断術をつかいながら体の様子を診ていきますので、西洋医学では判断がつきづらいものや、治療しづらい症状に関してもしっかり治療を行うことができます。

また、鍼とお灸を続けると自然治癒力があがるので、必ずからだが丈夫になってきます。薬が必要な症状がなくなってくれば薬はいらなくなりますので、その時はお医者さんと相談して減らしていけばいいと思います。

しかし、薬の中には突然やめるとリバウンドといって症状が激烈に出てしまうものも有り、危険なため、あせらずからだが変わっていくのを待ちましょう。ご自身の判断で薬の服用をやめてしまうなんてことは禁物です!

ご自身の体調管理に適した治療を行いましょう

hari_chiryou_j鍼灸治療では、西洋医学の病名にこだわらずに、東洋医学の診断名を決めて治療を開始します。聞きなれないかもしれませんが、肝虚証(かんきょしょう)や脾虚証(ひきょしょう)等があります。

前述でも少しふれましたが、西洋医学ではなかなか判断がつきづらい症状には東洋医学でしっかり処置ができるものもあれば、西洋医学の方が治療の手段として適している場合もあります。

かかりつけの鍼灸治療院、病院の先生と相談しながらご自身の体調管理に適したところで、しっかりと体のケアを行って下さい。

鍼灸の治療がこわいという方もいるかもしれませんが、『熱い』とか『痛い』というような体が嫌がるようなことをしていいことはありません。

鍼も刺されていると感じるようなこともほとんどないですし、お灸も熱いと感じることはありませんのでご安心を。

 

執筆者プロフィール

pro_head_nakayama

中山 貴史(なかやま たかし)先生

法政大学法学部卒
江戸川高等看護専門学校卒
東洋鍼灸専門学校卒

東京警察病院・北品川病院・南千住病院等で勤務。
手術室、脳外・一般外科病棟、透析室での経験があります。
新宿総健鍼灸センター(角貝醸計師)で外弟子修行。
1993年に現医院をじゅん菜池公園近くで開院。
2012年に現住所に移転。

院のホームページはこちら

 


 

この特集を見た人は、こちらの記事も見ています。

  • 特集Vol.26「お灸にまつわるエトセトラ~入門篇~」2014年10月9日 特集Vol.26「お灸にまつわるエトセトラ~入門篇~」 あんまマッサージ指圧師・鍼灸師 ぱんだ先生 2014年10月9日公開   今回は、メルマガ読者より質問がありました「お灸」について取り上げてみ […]
  • 夏の足音も聞こえてきました。2013年5月10日 夏の足音も聞こえてきました。 no.49 2013-05-07   夏になると、色々な問題が出てきます。 【・手足の冷え・朝の目覚めの悪さ・肩や首の凝りがいつも以上につらい・生 […]
  • なぜ熱中症が起こるのか? 2013年5月10日 なぜ熱中症が起こるのか? 葛西はりきゅう漢方治療室(葛西)/國定先生 no.40 2010-09-16   それは、汗をかいて体内の熱を発散することが上手にできないからです。 […]
  • お子さんの治療には驚かされます2013年5月10日 お子さんの治療には驚かされます ユタカはり院(南阿佐ヶ谷)/篠田先生 no.39 2010-07-08   一昨日お子さんを治療してびっくりさせられた事がありました。 その1つ […]
  • 乾燥時期の簡単な風邪予防2013年5月10日 乾燥時期の簡単な風邪予防 ユタカはり院(南阿佐ヶ谷)/篠田先生 no.41 2010-11-08   明け方になると寝つきに比べて急に温度が変化しますので風邪を引きやすくなるで […]
  • 65才以上の10人に1人がボケ2013年5月10日 65才以上の10人に1人がボケ 葛西はりきゅう漢方治療室(葛西)/國定先生 no.51 2013-05-17   『厚生労働省の2013年の統計で、認知症高齢者が推計で305万人を越 […]
  • 整体とカイロの違いは?2013年5月10日 整体とカイロの違いは? ナチュラルケア(学芸大)/米山先生 no.42 2013-04-12   日本では、両方とも民間資格です。『カイロプラクティック』は、1895年にアメ […]
  • 美容と鍼灸について2015年6月11日 美容と鍼灸について 院名:八千代はり院 院長名:清野 […]
  • 何科に行けばいいの?2013年5月10日 何科に行けばいいの? 葛西はりきゅう漢方治療室(葛西)/國定先生 no.43 2013-04-12   普段から、頚や肩の凝り、腰痛があって、時々頭も痛くなる。ひどい時は眩 […]
  • はりQメルマガなんと今ならメルマガ登録で、パンダ先生があなたの質問に応えてくれます!

  • フリーワード先生検索

  • 全サイトコンテンツ検索

  • 特集バックナンバー一覧

  • はりQスマホ版サイト

    スマートフォンでも同一コンテンツがご覧いただけます。
  •  
    【東洋医学はりQ】は鍼灸(針灸)など国家資格の東洋医学について様々な治療院をご紹介!
    「『東洋医学と西洋医学』最適な治療方法を 」について東洋医学がお答えします。