2015-07-07title

pro_head_yoneyama
院名:ナチュラルケア
院長名:米山 隆男
米山先生のインタビュー記事はこちら»
pro_i
2015年07月30日公開

鍼に興味がある、でも不安……その理由は?

woman_think鍼灸治療を受けたことのない方のなかには、「興味がある」「受けてみたい」と思っている方もたくさんいらっしゃるようです。ところが、なかなか最初の一歩が踏み出せない……。
未経験の方にとって鍼灸は「効きそう」だけど、「痛そう」「何をされるか不安」「治療費が高そう」というイメージがあるようです。
そこで、鍼灸治療を受けたことのない女性からの疑問にお答えすることで、皆さんの不安を少しでも解消したいと思います。

鍼は痛い!?灸は熱い!?は大まちがい

やはり多く寄せられるのは、「鍼って痛くないんですか?」という不安です。「体や顔に鍼が刺さっていると思うだけで怖い」という女性もいるようです。
結論からいうと、鍼灸治療というのは基本的に痛くない治療です。さらに、経路治療をベースにしている治療院であれば、ほとんど感じないほどです。もし、強い痛みを感じるようなら、それは治療家に問題があります。なかには、「痛くないと効かない」と思っている方もいるようですが、それはまちがいです。痛みの有無や強弱と、治療の効果は関係ありません。
また、お灸は熱いと思い込んでいる方も多いようですが、そんなことはありません。ただ、症状によっては熱く感じさせないと効かないことがあります。しかし、昔と違って、火傷の瘢痕が残るような、我慢できないほどつらい灸治療というのはありません。どうぞ安心してください。

鍼はクセになる!?も大まちがい

pose_naruhodo_womanたまに「鍼はクセになる」という人がいますが、おかしな言い方だと思います。これは、依存的になってやめられなくなるという意味なのでしょうか。もし、そうだとしたら、これも大まちがいです。
鍼治療を行うことで体が楽になれば何も問題ありませんし、つらい症状がなくなれば治療の必要もなくなります。その先は、毎日の疲れを取ってコンディションを良好に保つため、定期的に通うことをおすすめします。

「その症状、鍼灸治療がおすすめです!」

job_nurse_manどういう症状のときに、鍼灸治療を受ければいいのかという質問も多く寄せられます。「病院感覚で行っていいのかしら?」と心配する方もいますが、鍼灸治療はあらゆる疾患に対応しうる東洋医学です。どうぞ病院感覚で治療を受けてください。
鍼灸治療は、診断即治療です。その点が現代西洋医学とちがうところです。現代西洋医学の、特に保険医療制度の診断・治療はまずいろいろな検査をし、結果が出てから治療に入りますが、鍼灸は診断即治療のため、すぐに症状に対応できます。
また、痛いところと悪いところは必ずしも一致するわけではありません。例えば、関節痛などは整形外科でレントゲンを撮っても、変形が起こるまでのあいだ異常が見つからないことがほとんどです。
一方、鍼灸治療の計画的治療は、その症状を起こしている原因を体全体から見出し、痛いところだけでなく、その痛みの根本となっている悪いところを治療することによって、いまの痛みを改善することを目的としています。
どんな症状でも、ひどくならないうちに治療院を訪ねてください。例えば、「これといった症状はないけれど、なんとなくだるくて肩こりがひどくて……」という症状の方。そういう症状こそ、鍼灸治療をおすすめします。ぜひ気軽に受診してみてください。

美容と鍼のいい関係

biyou_tsurutsuru最近、「美容鍼」という言葉を聞くようになりました。「鍼灸もエステサロンのように美容効果がありますか?」という女性ならではの質問も……。
美容鍼灸治療は、アメリカ発だと思います。「美容鍼」と言われだしたのはここ5年くらいのあいだでしょうか。効果があるかないかでいうと、確かに効果はあります。ただ、美容鍼も治療家の技術が問題になります。
また、鍼にダイエット効果を求める女性も多いようですね。鍼治療で過食を抑えることはできますし、治療により経路のバランスが整うと食生活も変わります。ただ、本人の自覚と意思がいちばん大切です。

気になる鍼灸の治療費は?

saifu_gamaguchi鍼灸治療に抱く不安といえば「痛み」と、もうひとつ「お金」のことでしょうか。治療費がどのくらいかかるのか心配で、二の足を踏んでいる方もいるかもしれませんね。
一般的に、東京都内では初診料が2,000円前後、治療費が5,000~6,000円くらいでしょうか。ホームページなどで確認されるといいでしょう。
「月に何回くらい通えばいいのか」という質問もよく受けます。症状によって異なりますが、月4、5回通って、症状の変化を見ることをおすすめします。良くなってきたらやめるのではなく、定期的な治療を受けるのがいいでしょう。なぜなら、生活習慣によるストレスを緩和することが、心身にとって非常に大切なことだからです。良好なコンディションを持続するうえで、鍼灸治療はとても効果的です。

訪問治療を受けるときは?

最後は、女性らしい気配りにあふれたこんな質問です。「訪問治療のときはお茶をお出ししたほうがいいですか?」。ありがとうございます。しかし、お茶はけっこうです。
訪問治療でも、特に準備していただくことはありませんが、手を洗えると助かります。訪問治療は、基本的にベッドか布団の上で仰向け・うつ伏せの状態で行います。

鍼灸治療で健康的な人生を

denwa_kotei_woman鍼灸治療は、ほとんどの症状に適応します。痛みやつらさを我慢して症状が悪化してしまう前に、ぜひ受診してください。
人生でいちばん大切なのは健康です。そのために鍼灸治療を役立てていただきたいと思います。どうしても不安なときは、まずは相談してみましょう。

 

執筆者プロフィール

pro_head_yoneyama_d

米山 隆男(よねやまたかお)先生

1984年日本カイロプラクティックカレッジ卒業。
1987年東京衛生学園 鍼灸・あん摩・マッサージ科卒業。
1989年ナチュラルケア開院。

クリニックの理学療法科に6年間の勤務経験があるほか、多くの海外研修経験により、カイロプラクティック・鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧などの技術を使い分ける総合的な施術が可能。
そのため、年齢・性別を問わず多くの患者さんに支持されている。

院のホームページはこちら

 


 

この特集を見た人は、こちらの記事も見ています。

  • はりQメルマガなんと今ならメルマガ登録で、パンダ先生があなたの質問に応えてくれます!

  • フリーワード先生検索

  • 全サイトコンテンツ検索

  • 特集バックナンバー一覧

  • はりQスマホ版サイト

    スマートフォンでも同一コンテンツがご覧いただけます。
  •  
    【東洋医学はりQ】は鍼灸(針灸)など国家資格の東洋医学について様々な治療院をご紹介!
    「女性の不安を解消 ~「初めて」の鍼灸治療~ 」について東洋医学がお答えします。