特集:鍼灸体験談vol.01「鍼で花粉症が治る?」

鍼灸患者(男性/50代)の体験談
2013年7月20日公開

 

「鍼で花粉症の症状が治まった。」というと、殆どの人が「そんなバカな・・・」と言う。もしくは、口に出して言わないまでも、疑わしい目つきを投げてくる。ただそれも無理からぬことだと思う。というのも、斯く言う本人が、「ダメ元で治療を受けてみよう」と半信半疑だったのだから。

illust_01-1

世に言う「花粉症の特効薬」には何度も裏切られてきたトラウマがあって、当時(6年前)は薬も治療も何もしていなかったのである。親指の付け根の痛みを治療するために治療院を訪れた際、「鍼は花粉症にも効果がある」と聞いて、「ダメ元」の開き直り気分半分、もしかしてと「藁にもすがる」期待感半分で治療を開始したというのが実情である。因みに、親指の付け根通は、通院2回で簡単に治癒した。

ここで、私の花粉症の症状について説明しておくことにする。 まず、アレルギー源は、スギ、ヒノキの二つで、症状はかなり重症だった。時期別の症状は以下の通り。

11月~12月 花粉症初期症状開始。鼻がムズ痒く、軽いくしゃみが出始める。
1月中・下旬 花粉症第二期症状。口の周りに髭剃り負けのような傷が増えてくる。
「エイズじゃないか?」と言われたこともあるほど目立つ状態。
2月~ 花粉症第三期症状。声が掠れてくるが、風邪のヒリヒリ感はない。
2月中~ 花粉症本番期到来。春一番が吹くとスギ花粉シーズンの到来である。
3月中旬
  1. 目が痒い。掻くともっと痒くなる。水で洗うと酷く充血する。眼薬は不快感を増幅させる。⇒エーザイの「リンスキン」で拭く。
  2. 鼻が完全に詰まる。鼻呼吸ができなくなる。鼻水が勝手に垂れ落ちる。⇒ソフトティッシュで対処
  3. くしゃみを連発する。なぜか5連発、しかも10~15分おき。⇒腹筋が筋肉痛になる。
  4. 目の回り、頬の上に赤い擦か症ができたり、皮膚が乾燥して干からびたようになる。⇒ほぼ全員が同情してくれるが、対処法なし。
3月中・下旬 ヒノキの飛散開始。スギとヒノキの症状の違いは以下の二点。

  1. ヒノキの花粉は「痛い」。スギが「痒い」のに対して、ヒノキは目や皮膚に刺さるような「痛み」を感じる。⇒我慢以外に対処法なし。
  2. 頭痛がおきる。こめかみの上のほうに鈍痛を感じるようになる。
3月下旬~GW 残留スギとヒノキ
スギの飛散は3月一杯で終わるが、しばらくは「残留花粉」に悩まされる。絨毯の目、空調のダクト、カークーラーのエバポレーターなどに残った花粉によって症状が引き起こされる。ヒノキは、多い年には5月のGW過ぎまで飛ぶことがある。

治療開始(07年12月)から最初の花粉シーズン。鼻詰まりの頻度が減少したが、 今年は花粉量が少ないのだろうと思っていた。4月上旬まで「残留花粉」に悩まされたと記憶している。

治療開始二シーズン目。顕著な変化は、鼻詰まりがゼロになったことである。これは、 最も感動的、かつ印象的な出来事であったためはっきり覚えている。

花粉症患者にとって、最も苦しく、鬱陶しいのが「鼻詰まり」ではなかろうか。鼻で呼吸ができないことがいかに不便であり、危険ですらあるかというのは経験者にし かわからない。医者は、無邪気に「花粉対策にはうがいが一番」などと言うが、鼻詰まりのままうがいをすると、冗談ではなく「窒息死」しかねないのである。

ともかく、長年苦しめられた鼻詰まりから解放された喜びは何物にも代え難いもので あった。

それでも、またぶり返すかもしれない不安から治療継続三シーズン目。2月に入って も声が掠れない。そしてそのまま花粉シーズンを終えた。

治療開始6シーズン目の今年(2013年)、過去の諸症状の現状をまとめてみよう。

  1. 目の痒さ。シーズン中2~3日、とても痒い日があり、完治したとは言い切れない。リンスキンの使用量が過去の3箱から半箱に。治癒率は83%
  2. 鼻水。劇的に減少。ソフトティッシュ使用量は1/20。治癒率は95%。
  3. 鼻詰まり。いまだ一度もなし。治癒率100%。
  4. くしゃみ。5連発はない。3連発は時々あり、くしゃみ量から推定の治癒率は80%。
  5. 擦か症・皮膚の干からび。全くなし。過去の症状を知る知人はみな一様に驚きの声を上げる。治癒率100%。
  6. ヒノキの症状。なし。治癒率100%。

以上である。

重症花粉症患者であった私の治癒率を見ていただければ、効き目のほどはご理解いただけると思う。一般の花粉症患者の方はもちろん、花粉症に悩むアスリートにとっては、投薬とは違ってドーピングの危険性が全くない鍼は、願ってもない治療法と言えるのではなかろうか。
しかしながら、「鍼治療」そのものに対して不安と恐怖心を抱いている人が多いのも事実である。ある有名な野球選手が引退の記者会見において、鍼治療があたかも危険と背中合わせであるかの様な説明をしたことを、年配者の記憶に残っているのかもしれない。
また、中国バリの治療映像で、「長い」、「太い」鍼を何本もさしているのを見て恐怖心を拭いきれないのかもしれない。 実際には、「細い」、「短い」鍼を、足や背中のツボに2~3mm刺すだけで、痛くも痒くもないのに・・・
この点は、先生方の説明不足ではなかろうか。

 花粉症を得意とする先生はこちらから

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。


 

この特集を見た人は、こちらの記事も見ています。

  • 赤ちゃんの発熱 その22013年5月10日 赤ちゃんの発熱 その2 葛西はりきゅう漢方治療室(葛西)/國定先生 no.28 2009-06-09   こういう仕事をしていて、まず気になるのは皆さんずいぶんためらいなくお […]
  • Vol.8 東洋医学は“調和”の医学2013年12月18日 Vol.8 東洋医学は“調和”の医学 あんまマッサージ指圧師・鍼灸師 ぱんだ先生 2013年12月18日公開   「調和」の意味をご存知ですか? […]
  • 腰椎椎間板ヘルニア2013年5月10日 腰椎椎間板ヘルニア ナチュラルケア(学芸大)/米山先生 no.37 2010-04-11   これは大変だ!腰痛の中でも重症に入る椎間板ヘルニア。 40代♂建設業 […]
  • お灸にまつわるエトセトラ2~中級篇~2014年10月23日 お灸にまつわるエトセトラ2~中級篇~ あんまマッサージ指圧師・鍼灸師 ぱんだ先生 2014年10月23日公開   『女心と秋の空』とは言いますが、たて続けの台風、台風一過の夏日、か […]
  • Vol.7 冷え性診断「現代人は冷えている?」2013年12月4日 Vol.7 冷え性診断「現代人は冷えている?」 あんまマッサージ指圧師・鍼灸師 ぱんだ先生 2013年12月4日公開   北風の冷たさをはっきりと感じるようになり、朝晩の冷え込みも厳しくなって“ […]
  • 鍼灸の保険適応2013年5月10日 鍼灸の保険適応 no.50 2013-05-08   まず、鍼灸には保険が利く症状があります。 1.神経痛 2.リウマチ 3.腰痛症 4.五十肩 […]
  • 摘出した大腸の写真2014年1月10日 摘出した大腸の写真 << 記事のもどる
  • 美容と鍼灸について2015年6月11日 美容と鍼灸について 院名:八千代はり院 院長名:清野 […]
  • 病名と気の不調2013年5月10日 病名と気の不調 ユタカはり院(南阿佐ヶ谷)/篠田先生 no.45 2013-04-12   現代医学の病名でもある程度どこの内臓諸器官の「気」の不調であるか推測できま […]
  • はりQメルマガなんと今ならメルマガ登録で、パンダ先生があなたの質問に応えてくれます!

  • フリーワード先生検索

  • 全サイトコンテンツ検索

  • 特集バックナンバー一覧

  • はりQスマホ版サイト

    スマートフォンでも同一コンテンツがご覧いただけます。
  •  
    【東洋医学はりQ】は鍼灸(針灸)など国家資格の東洋医学について様々な治療院をご紹介!
    「Vol.1 鍼で花粉症が治る? 」について東洋医学がお答えします。