colum_key
ナチュラルケア(学芸大)/米山先生
no.46 2013-04-12

 

揉み返しは、刺激量が多かったり強すぎた場合に起こります。
通常肩凝りや筋肉疲労を起こしている場合、筋肉は萎縮した状態なのですが、
その萎縮した筋肉に強い圧力を加えると、挫傷(筋肉の繊維が断裂)した状態になって細胞を破壊してしまいます。
そのため、痛みやだるさがでてしまうのです。
気持ち良いと感じる圧でほぐしていくことにより揉み返しは防げます。
施術中に圧の強さ加減を聞きますので、強すぎる時や痛い場合は遠慮なく担当者に言って下さい。
また、血行が良くなりすぎてだるくなってしまう方もいますが、万が一だるくなってしまった時は、お風呂に入りゆっくり休んでください。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。