当院は東洋はり医学会に所属し、ここで学ぶ、脉診・腹診・切経診などの診断術を使い、治療をします。

市川徒歩5分のじゅん菜治療院

東洋の医術を継承する鍼灸専門の治療院

じゅん菜治療院画像1985年はり師免許・きゅう師免許取得

1993年千葉県市川市じゅん菜池公園の近くで開業。
2012年、市川駅に移転しました。

日本には東洋医学の伝統が残っています。
東洋医学は漢方薬だけではありません。すぐれた鍼灸術もあります。鍼灸は自然治癒力を利用した、とても、からだに優しい治療法です。

 

市川市じゅん菜池公園

市川市じゅん菜池公園

 

東洋の医術は、症状ではなく、からだ全体を変え、症状を治していく方法です。

例えば、鼻のアレルギー・肩こり・足が冷える。これら3つの症状をそれぞれ継ぎ足していくようには治療しません。

そもそも、3つの症状を引き起こした「からだ」が原因だからです。その人の「からだ」の片寄った傾向を正せば、必ず3つの症状は改善します。

というより、正さなければ3つの症状を本質的に治したことにはなりません。

東洋の医術は、現代医療の一般的な考えとは全く違う角度、異なる方法で治療が出来るのです。

治す力ある医術だから、長い歴史を生き抜いて現在まで続いてきたのです。
ともかく試してみよう、そんな気持ちで受けられた如何でしょうか。


扱ってきた病

女性の病

2016年01月24日

女性の病のほとんどの原因が生理に関わると言われています。 だから生理痛・生理不順を治すことは重要です。 またその延長にある更年期症状もひどくなると生活に支障きたしてきます。 その他、妊娠中の風邪症状や腰痛・安産のための体 […]

冷え症

2014年08月27日

ともかく厚着させる、周りから温める、という路線が一般的だと思います。しかし、効果は限定的です。冷えやすいというからだ自体の問題解決にはならないからです。からだ自体を変えていくのが結局一番なのです。からだの中が冷える。外が […]

判りにくい症状

2014年06月17日

いくら休んでも疲れる。怖い夢ばかり見る。問題が無いと言われた歯の痛み。どこにも行きたくない。緊張するとお腹が痛くなる。おしっこが近すぎる。大した事無いのに泣いてしまう。汗が出にくい。便がすぐ出たくなる。等々、なかなか理解 […]

整形的な病

2014年06月17日

例えば、腰痛・足のしびれ・膝関節症などが多いと思います。 整形外科、接骨院などでさんざん治療を受けても、なかなか治らなくて、しょうがなく「鍼」に来られた方。 また劇的に治ることを期待して「鍼」に来る方、多いようです。確か […]

慢性的な病

2014年06月17日

慢性的な病は、徐々に効果が出てきます。 最初は実際に効いているか判りにくいです。しかし確実に治療を受けた方の皮膚の状態などにはとても変化が出てきます。 そしてこれが長期に亘ってきますと話は違います。 「そういえば最近~だ […]

先生インタビューはこちら
院名
 じゅん菜治療院
院長名
 中山 貴史(ナカヤマ タカシ)

開院 1993年

2012年市川駅に移転

治療

火曜・木曜・土曜

900~1200

1400~1900

水曜・金曜

900~1200

1500~2000

日曜・月曜・祝日休み

所属団体
東洋はり医学会会員
同会学術部員
東洋はり医学会HP

 

院連絡先(予約用)

047-324-3177


携帯サイトもアドレスは同じ!!
今すぐアクセス!