川本晴之先生インタビュー「いつでも治療できる即診即治が目標です」

<<Profile>>川本晴之先生プロフィール

現在、川本一本鍼灸院 院長。
豊田学園医療福祉専門学校はり・きゅう科卒業。
2007年3月開院。どんな場所でも、いつでも治療できる「即診即治」を人生の到達目標にしています。認知症予防の教室を開いたり、タッピングタッチも広めています。

川本一本鍼灸院

岐阜県揖斐郡池田町砂畑16
本院は鍼とお灸と整膚を行います。

 
 

※ご予約の際は「はりQを見た」と伝えるとスムーズです。

<<Interview>>川本晴之先生インタビュー

-鍼灸師としてのキャリアは何年ですか?
川本先生:2014年で8年目に入ります。

 

-鍼灸師をめざしたきっかけ・理由を教えてください。
川本先生:娘が小学校の時、難病にかかり、亡くしております。
これ以後、私を含め・妻・家族等、健康で生きていくために、免疫力を日ごろから高め予防するために、50歳の時に鍼灸師をめざしました。

 

―治療を行う上で、先生が最も大切にしていることはなんですか?

川本先生:患者さんをしっかり見て、話されることば、訴える場所を克明に記録します。

 

―この仕事をしてよかったと思うのは、どんなときですか?
川本先生:痛みが改善して感謝される時が一番嬉しいですね。

―先生が特に得意とする治療分野や方法、症状を教えてください。
川本先生:50肩・頭痛・腰痛・膝痛・不眠ですね。

 

川本一本鍼灸院

 

―鍼灸の治療とはどういうものなのか、一般の人にも理解できるように教えてください。
川本先生
:中国発祥の鍼灸治療は、人間の体には14本の道(経絡(けいらく))があり、そこを気が流れています。

疲れたりストレスがかかると、その気の流れが弱くなったり、滞ったりするので、鍼や灸を用いて、その流れを正常にすることが鍼灸治療なんです。正常に気が流れると元気で健康になります。

 

 ―治療を受ける際、患者側が気をつけなければならないことはありますか?
川本先生:服装について、下は腰まで楽に上るズボン・下着で、上はお腹を診ますのでさっと診れる下着にしておいてほしいです。

―1度の治療だけでも効果がすぐ現れることはありますか?
川本先生:だれでもということではないですが、以前、50肩で腕が上がらなくて痛かった方が1回の治療で改善したことがありました。

 

―もし、鍼灸師になっていなければどんな仕事をしていたと思いますか?
川本先生:医療関係の道を歩んでいたと思います。

 

―先生ご自身、どのような性格だと思いますか?
川本先生:興味をもったら、すぐ飛びつく行動力の持ち主です。

 

―趣味はなんですか?
川本先生:自給自足を目指して野菜をつくっています。

 

―ストレス発散方法はありますか?
川本先生:笑いヨガをしています。

 

―先生ご自身の健康方法や、日常生活で気をつけていることはありますか?
川本先生:自分を甘やかさないで、毎日少しストレスをかけることを心がけています。腹八分目も心がけています。

 

―健康でいきいきと暮らすために、どう心がければいいのかアドバイスをお願いします。
川本先生:自分が相手の立場だったらどう感じるかを考え、ことばを選び、態度に気をつけて接するようにしては如何でしょうか。

 

2014年3月18日インタビュー

 


※先生へ無料地図検索登録についてはコチラよりお問合せ下さい。

hedo

<<Comment>>口コミ・コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

この特集を見た人は、こちらの記事も見ています。

  • はりQメルマガなんと今ならメルマガ登録で、パンダ先生があなたの質問に応えてくれます!

  • フリーワード先生検索

  • 全サイトコンテンツ検索

  • 特集バックナンバー一覧

  • はりQスマホ版サイト

    スマートフォンでも同一コンテンツがご覧いただけます。
  •  
    【東洋医学はりQ】は鍼灸(針灸)など国家資格の東洋医学について様々な治療院をご紹介!
    「川本晴之先生インタビュー「いつでも治療できる即診即治が目標です」 」について東洋医学がお答えします。